「みんなで力をあわせて「生」を再現し、宝塚から生きるメッセージを発信!」

宝塚市街地内を流れる武庫川の中洲にある「生」の石積みオブジェ。阪神・淡路大震災から10年目に「街と人と心の再生」を願ってつくられた祈りのアート。「生」は川の中洲でつくられるため、大雨が降ると無情にも流され消失してしまう。そして、また新しく「生」を制作する。消失と再生を繰り返す「生」の石積みをとおして、自然の素晴らしさや自然災害の怖さを感じ、自然の営みのなかで人々が生きることの意味や命の大切さを考えるイベントなのだそうだ。

sei4
sei2

◆日時 
 2019年8月3日(土)・4日(日)
 両日とも9時~12時迄 *雨天増水時8月10日(土)・11日(日)に順延
◆集合場所
 9:00宝塚大橋南詰西側「生」モニュメント前 その後は直接現場へ。(1日だけ、途中参加可)
◆参加対象
 一般及び、親子(子どものみの参加は不可・保護者同伴のこと)
◆参加費
 ひとり200円、親子の場合は1組300円 *保険代等を含む
◆参加者特典
 もれなく「生」オリジナル缶バッチプレゼント。
◆持ち物
 軍手、水筒(飲み物)、帽子、汗拭きタオル、長靴(動きやすい運動靴など)
◆問合せ
 記憶の中の「生」再現プロジェクト ☎︎080-1437-3811

Facebook 記憶の中の『生』再現プロジェクト
https://www.facebook.com/seisaigenproject

sei
e6d4192a-s


増水した時の写真
sei3

ちなみに、映画「阪急電車」では、この石積みを見かけた有川浩氏がぜひ使わせて欲しいということで映画にも登場。クローズアップされたことで一躍ブームになった。初代誕生から3年たった2008年の映画 。 
映画「阪急電車」wiki



----------
記事: Yoshifumi Tsujimoto(brali管理者)

“矯正治療有馬歯科”
“よもぎ蒸しリバーサイド”