宝塚南口のサンビオラ5番館にサロンを構える「 La donna brillante(ラ・ドンナ・ブリランテ)」は、日本ハーバリウム協会認定講師の4人の作家が集まるシェアサロン。「ラドブリ」と呼ばれているそうだ。
3/27(水)~3/29(金)「神戸さんぽ × そごう神戸店」出店、4/15(月)には1周年記念として「宝塚タルト専門店 de:952」でWORK SHOP FESTAを開催する。「ラドブリ」では、主にハーバリウム、ハーバリウムアクセサリー、ハーバリウムボールペン、その他、本物のお花を使った雑貨の手作り等、レッスンと販売のサロンを展開しており、その4人の認定講師を本人のメッセージと共に紹介する。
スクリーンショット 2019-03-25 02.08.37

■ 
SHIHO
tutto bene *S(トゥット ベーネ エス) 
「ハーバリュウムを一緒に楽しみましょう♪」
Intagram ID :tutto_bene_s
https://www.instagram.com/tutto_bene_s/
( La donna brillante ラ・ドンナ・ブリランテ 代表)
スクリーンショット 2019-03-25 01.57.20

■ 
MAKOKO
pita-mako(ピタマコ)
「かわいいハーバランドを一緒につくりましょう!」
Intagram ID :pita_mako
https://www.instagram.com/pita_mako/
スクリーンショット 2019-03-25 01.58.48

■ 
saori
Atelier Sarry(アトリエ サリー)
「笑顔溢れる楽しいレッスンにあなたも参加しませんか 」
Intagram ID :atelier_sarry
https://www.instagram.com/atelier_sarry/
スクリーンショット 2019-03-25 02.00.49

asuka
cocoro3  〜smiling〜
「楽しく素敵な作品をつくりましょう 」
Intagram ID :asuka.nam
https://www.instagram.com/asukaka.nam/
スクリーンショット 2019-03-25 02.03.44

代表の SHIHOさんに伺うと、ハーバリウムとの出会いは、2年程遡る2017年。癒しの時間を求めて出会ったアロマストーン体験で知り合った講師からハーバリウムの存在をしり、知ると同時にすぐに習いはじめ「もっともっと作りたい」という気持ちから、認定講師のレッスンも受講。ただただ作りたくて、夢中で作り続け、気がつけば家中ハーバリウムだらけになっていたそうだ。

SHIHO さん曰く、ハーバリウムは、本物のお花で枯れないお手入れ要らずという一般的な魅力もあるが、自分を表現できるものとしての存在が大きいという。ハーバリウムの良さは、決まりはなく、自由であり、正解もないもの。作る人、見る人を笑顔にする素晴らしいもの。ただ「次はこう作りたい」と拘ると、意外に難しく、もっと作りたくなる奥深い魅力を持っているそうだ。

---------------
3月27日(水)~29日(金)
「神戸さんぽ × そごう神戸店」そごう新館6階で La donna brillante(ラ・ドンナ・ブリランテ)が初出店。
スクリーンショット 2019-03-25 02.12.00
カーネーションのハーバリウム(100mlボトル)づくり
メンズライクなハーバリウムボールペンづくり
日時:3/29(金)AM10:00、PM2:00、PM6:00
予約優先制(約30分、定員各回2〜3名)
参加費:各2,000円(両方の場合は3,500円)
オフィシャルサイト:http://kobewalk.citylife-new.com/e151237.html


---------------
4/15(月)
1周年記念として「宝塚タルト専門店 de:952」でWORK SHOP FESTAを開催。
スクリーンショット 2019-03-25 02.17.44
スクリーンショット 2019-03-25 02.18.08
ランチ付きワークショップ
ワークショップは4種類(4人の講師)の中から選択。
日時:4/15(月)10:00〜15:00
参加費:2700円


---------------
サロン名:La donna brillante(ラ・ドンナ・ブリランテ)
住所:〒665-0011 兵庫県宝塚市南口2丁目14−5
   サンビオラ5番館 Fantasista藤
営業時間:10:00〜15:00(12:00〜13:00はお昼休み)
レッスンの開催日:月・水・金
オフィシャルサイト:
https://ladonnabrillante2018.amebaownd.com/


---------------
記事/写真: Yoshifumi Tsujimoto(brali管理者)