今回は、宝塚ホテル内の日本料理・彩羽(いろは)のランチレポートです。

鉄板焼き・風雅と共通の入り口になっています。

DSC_0347
s-iroha00
iroha02


店内は木を基調とした落ち着いた雰囲気で、ゆっくりとお食事を楽しむことができます。
席数は74席あり、広々とした空間です。

DSC_0337


また、4名以上で利用可能な個室が3室あります。
個室1:藤1(6席) 5,000円
個室2:藤2(10席)  8,000円
個室3:桜(8席)  6,000円 
※藤1と2を合わせて最大16名まで利用可能です。(料金:10,000円)


メニューはこちらです。
DSC_0322~4

DSC_0321~4

DSC_0320~5

DSC_0319~3

わたしは、早蕨を選びました。
DSC_0328~2



先付の蟹味噌豆腐、美味出汁
土佐醤油で頂く二種盛りのお造りです。
DSC_0331
蟹味噌豆腐のやさしいお味、お造りの穏やかな甘みが口の中に広がります。




組肴
小鉢、焼き魚、あしらい、口取り五種、野菜煮です。
DSC_0332
一つ一つの味付けは勿論それぞれですが、どれを食べても一つのまとまりがあります。和食の素晴らしさを改めて感じる味わいでした。




天ぷら(海老・ししとう・椎茸・南瓜)を、お塩で頂きます。
DSC_0336
素材が新鮮で、舌触りが一味違います。


温物(蟹身・茸の小鍋仕立て)と、鮭ちりめん御飯、お漬物です。
DSC_0343~2-01
柚の香りが爽やかな小鍋仕立ては、冷えた体に染み渡り身体が温まります。上品なお出汁が素材のお味を一層引き立てています。
鮭ちりめんは、お好みでご飯にかけながら頂くことができます。



同行した友人は、軽めのメニューを、ということで楓を選びました。
DSC_0335~2
彩り良く、バランス良く、小さな押し寿司まであります。
少量ずつ何もかも味わえるので、食の細い方や遅めの朝ごはんを食べた方には嬉しいメニューです。


デザートは、早蕨も楓も同じタイミングで運ばれてきました。
林檎のムースです。
DSC_0345~4
ベリーと林檎のすっぱさと、滑らかなムースが相性抜群です。


訪れた際は、家族連れの方が多くいらっしゃいました。
また、宝塚大劇場近くのため、観劇の前後にご利用になる方も多いようです。

わたしたちも、大劇場での観劇後の遅めのランチでした。
ランチの営業時間は11時から15時半(ラストオーダー14時半)なので、11時公演観劇後のランチでもゆっくり楽しめます。
ディナーの営業時間は17時から21時(ラストオーダー20時)です。営業時間短縮をするお店が多い中で、この時間まで利用できるのは有難いですね。


また、コロナウイルス感染予防対策として、消毒液や自動体温測定器の設置のほか、お店のスタッフの方々のマスク着用も徹底されていました。


落ち着いた空間で、旬の食材の美味しさを堪能しました。
季節ごとにメニューが変わるので、春夏秋冬の季節ごとに訪れたいお店です。

----------------------------------
住所:〒665-0845 兵庫県宝塚市栄町1番33号 2階
電話番号: 0797-87-1153
営業時間:ランチ11:00~15:30(L.O.14:30) ディナー17:00~21:00(L.O.20:00)
駐車場:有
公式サイト: https://www.hankyu-hotel.com/hotel/hh/takarazukahotel/contents/iroha/




------------------------------------

写真・記事 braliライター Hikariko