2015年11月から阪急宝塚線を運行している「ラッピング列車『宝夢YUME』」が2017年11月30日で見納めとなる。

沿線にゆかりの深い手塚治虫の手塚アトム、リボンの騎士、火の鳥などの人気キャラクターとともに宝塚大劇場や手塚治虫記念館など沿線の観光スポットが描かれたデザイン。『宝夢』という愛称は公募から選ばれたもの。
ヘッドマークはデビュー当初のものから2017年7月に新しいデザインになっていたようです。
こちらはデビュー当初のデザイン。

残り数日『宝夢YUME』が走る姿を楽しみたいものです。 
(画像は全て阪急電鉄ホームページより)
手塚治虫記念館ホームページ→http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/tezuka/4000021/4000104.html
阪急電鉄ホームページ→http://www.hankyu.co.jp/area_info/wrapping/takarazuka/index.html