2019年 令和元年12月22日(日)午前10時15分 宝塚大劇場前からスタートする毎年恒例の「宝塚ハーフマラソン」のエントリーがはじまってる。

takarazukamarason2015
宝塚ハーフマラソンは、今年で15回目で一年の健康づくりの総決算に、今年の走り収めに、宝塚を走ろうというコンセプト。走るコースは、宝塚大劇場前をスタートし、宝塚大橋を渡り、末広中央公園方面から武庫川の河川敷へ出てをひたすら南へ。阪神武庫川駅付近の折返し地点から、同じく河川敷をもどり北上し、末広中央公園付近でゴールする。

エントリーの種類は、ハーフマラソン(2,500名)、クォーターマラソン(1,000名)、ファミリー3km(1,200名)。()内の数は先着順の募集人数。

8/29時点の状況は、ハーフ1,003名、クォーター649名、ファミリー3km465名
というエントリー状況だそうだ。

定員になり次第、締め切りとの事なので、参加ご希望の方は早めの申し込みを勧められている。
チラシ
course
写真:宝塚市ホームページより

サンスポマラソン
https://www.sanspo-marathon.com/entry.php?itemid=56886


ようやく秋が近づきはじめたものの、まだまだ暑い日も続いているこの頃ではあるが、年末のマラソンシーズンに練習するいい季節になりつつある。

----------
記事: Yoshifumi Tsujimoto(brali管理者)

“矯正治療有馬歯科”
“よもぎ蒸しリバーサイド”