ぶらり宝塚 ーハッピー地域メディアー

「ぶらり宝塚」は、街のおもしろネタを扱う宝塚地域のメディアです。
 「ぶらり宝塚」は、人気店の紹介から、路地裏の不思議な事まで、宝塚の街をぶらり!ホッとな嬉しい情報を地元住民の目線でお送りします。

カテゴリ:店舗 > 開店・閉店

2020年6月21日、宝塚大劇場の唯一のオフィシャルホテルとして宝塚ホテルの新たな幕が開いた。1926年(大正15年)の開業から90余年を過ごした宝塚南口から宝塚大劇場の西隣に移転し、新たな歴史を歩み始める。ホテル外観は阪神間モダニズムと称される移転前ホテルのクラシカル ...

コロナの影響で2020年4月19日の開館が順延になっていた宝塚市立文化芸術センターですが、6月1日に限定的にオープンしていました。館内への入館は現在、完全予約制ですが、庭園エリアへは自由に出入りできるので、子どもを連れて行ってみました。こちらが敷地内の全体地図で ...

JR宝塚駅から徒歩1分のところ川面に新しく出来た カフェ ダイニング メロウに行ってきた。最初に発見したのはオープン当初の夜に通りがかり、かなりの賑わいだったので、余裕のありそうな昼間の時間帯にランチにやってきた。お店に入ったのは14:00頃だったので、奥の座席に座 ...

2020.3.23更新ビゴの店 仁川店。そろそろオープンの頃かと思い行ってみた。外から見る限りは綺麗になっていたが、いろいろ情報を集めてみると、まだ工事中のようだ。オフィシャルの facebook によると新型コロナウィルスの影響により家具造作や、工事の大幅な遅れが発生して ...

阪急小林駅近くのイズミヤからさらに東側、中津浜線(県道337号)沿いに、ナポリ料理「 TRATTORIA SCAMMARO(トラットリア スカンマロ)」が3/21(土)にオープンする。昨年12月までは、フレンチデリカテッセン「Honetete(オネット)」があったところ。本格イタリアンレスト ...

ライフスタイルショップ AIDA general store 宝塚店が3/19(木) にオープンする。阪急宝塚駅の改札を出て正面の階段を降りると目の前にあるGコレクション阪急宝塚 1Fの場所。<写真:オフィシャルサイトより>webサイトによると、"何気ない日常がちょっぴり楽しくなる"そんな ...

阪急逆瀬川駅から徒歩3分ほど、アピア2の1階、2月17日にオープンした「宝塚中華 ぱんだ楼」へ行ってきました。現在はオープン記念ということで全品税込価格で提供中でした。店内に入ると店員さんが明るく迎えて下さり、一人でも入りやすい雰囲気でした。中は4人掛けテーブル ...

宝塚ソリオの南側、花のみちから宝来橋へ向かう道沿いに、チョップドサラダ テイクアウト専門店  Lau'ai (ラウアイ)が、1月22日にグランドオープンしていた。オープンから3週間程が経過した落ち着いた頃に、実際に購入しにやってきた。そもそもチョップドサラダって何? ...

阪急宝塚南口駅から徒歩1分程、KO-KU、カロスキューマの隣のビルに「zukekura DELI&CAFE」が2020年2月中旬にオープンする。(現在まだ工事中)webサイトの情報によると、「和食の原点、からだ想いの一汁一菜は、心とからだを満たし、日々をすこやかに過ごさせてくれる源。シ ...

JR中山寺駅から線路沿いを東に歩いて徒歩5分、昨年11月にオープンした生餃子専門店「新月」に行ってみました。現在はそんなに混雑もなくストレスなく購入出来ます。(平日15時ごろに行った際は、ひと組お客さんがいらっしゃいました)本店は三田市広野にあり、こちら宝塚中山 ...

2020年5月に移転開業が決まった宝塚ホテル。現在の宝塚南口にある宝塚ホテルは、1926年(大正15年)に5月14日に開業し、今年で93周年を迎える。2020年5月14日(木)に武庫川沿い、宝塚大劇場に隣接する花のみちへ移転開業を控え、最後の年を迎えるにあたり、「訪れるすべての ...

2019年12月21日(土)にオープンする新しいお店があるとの情報を聞きつけ、現場に急行。阪急逆瀬川駅 からすぐのアピア2の建物の2F。駅からアピア2にに向かう途中、FM宝塚を右手に見てそのまま20mほど先にある「珈琲館ベア」 9:00にオープン!オリジナル自家焙煎の厳選 ...

宝塚市の逆瀬台から西宮カントリークラブクラブを抜け、西宮市の苦楽園方面へ抜ける道沿いに新しく珈琲ロースタリーの店舗が11月下旬にオープンしていた。TAOCA COFFEE は西宮苦楽園、神戸岡本店についで3番目の店舗としてのオープン。道路沿いを走っているとその存在感のあ ...

ローソン宝塚南口一丁目店が、閉店。営業は、11/30(土)9:00まで。随分前から張り紙がしてあったのだが、入荷がほとんどなくなり、店内の棚に空きが目立つと、閉店イメージが加速して現れる。いろいろな事情で閉店されるのは仕方のないことだと思うが、個人的にこれまでかな ...

↑このページのトップヘ