ユニクロのTシャツブランド「UT」の2018年春夏コレクションが話題になっている。
中でも注目したいのが宝塚歌劇の名作「ベルサイユのばら」とのコラボ。「ベルサイユのばら」は池田理代子の漫画を原作に、1974年に宝塚歌劇団で初演依頼再演を繰り返す大ヒット作。
「ベルばら」の世界がどんな風にTシャツに表現されるのか気になるところ。FullSizeRender

以下、ユニクロ公式ホームページより
「フランス革命が舞台の伝説的少女マンガ『ベルサイユのばら』が登場」
フランス革命を舞台に、激動の時代を生きたマリー・アントワネットやオスカルの人生を描いた伝説的少女マンガ「ベルサイユのばら」がUTに登場!池田理代子氏によるカラー原画柄や、憧れのオスカル様になれるユニークな軍服柄など、全柄をそろえると、オスカルの生涯を漫画のストーリーに沿って辿っていけるラインナップになっているのも注目です。

ラインナップは全11種で各1,500円(税抜)。サイズはXS~3XL(女性サイズ)の展開。
オスカルになれる?!軍服柄は2種類。
FullSizeRender

FullSizeRender
こんなシンプルなデザインも。胸ポケットにはバラの刺繍とフランス国旗柄のポイント。
FullSizeRender
なんと、ポケットの中には・・・・
FullSizeRender
(以上の画像はすべてユニクロホームページより)

3月17日土曜日より阪急各線で新デザインのラッピング列車が運行している。宝塚線は、なんと「ベルばら」原作者の池田理代子氏の描きおろしたイラストデザイン。
ベルばらTシャツを着て、ラッピング列車に乗れば、「ベルばら」気分満喫できるかも。
FullSizeRender
(画像は阪急電鉄ホームページより)


宝塚市内、近隣のUNIQLO
ユニクロ 宝塚劇場前店
UNIQLOホームページ→http://www.uniqlo.com/jp/