ぶらり宝塚 ーハッピー地域メディアー

「ぶらり宝塚」は、街のおもしろネタを扱う宝塚地域のメディアです。
 「ぶらり宝塚」は、人気店の紹介から、路地裏の不思議な事まで、宝塚の街をぶらり!ホッとな嬉しい情報を地元住民の目線でお送りします。

2018年01月

和風カフェで人気の「さくらもみじ」にてランチを頂いたのでレポートする。食事の前後で、店主の山根様からいろいろお話を聞く事ができた。「本格出汁茶漬け膳」も人気なのだが、最近では、和スイーツの「ぷりん」が大人気だそうだ。そしてさらに2月1日からバレンタインデ ...

2018年1月27日(土)に開催された「宝塚ホテル建設計画」の説明会に行ってきました。阪急宝塚南口駅前にある現宝塚ホテルは、1926年(大正15年)に開業し、90年以上営業され続けています。しかし、老朽化が進み、現行法上の耐震基準を満たしていないことなどから、2020年春に ...

ローソン 宝塚米谷二丁目店が2月16日(金)10時にオープンする。介護相談 宝塚米谷ちどりと併設店のようだ。このあたりに住む人にとっては、徒歩圏でのコンビニエンスストアは少なかったので便利になりそうだ。介護相談・シニアサロンは中山でも介護施設を展開している ...

阪急宝塚南口から徒歩4分のところに新しく保育所がオープンする。保育所かたつむりランドは、三田に本社のある株式会社ビッグウエストの経営。これまで、西明石、伊川谷、川西、西宮など、宝塚は5箇所目になる。(http://katatsumuri-land.com/)皆吉接骨院の隣----------記 ...

松村大地切り絵個展「完全か 不完全か」が阪急小林駅徒歩2分の「喫茶&展示すぺ~す Coen」で展示されていた。テーマは「完全か不完全か」。この言葉は、パリンドローム(回文)になっており、上から読んでも下から読んでも同じになる言葉である。「かんぜんかふかんぜんか」 ...

デビュー作『勇者たちへ伝言』が人気の増山実氏の著書『風よ 僕らに海の歌を(角川春樹事務所)』が、昨年2017年5月に発売された。小説の舞台となったのは、なんと宝塚市内のイタリア料理店「アモーレアベーラ」。「アモーレアベーラ」は、阪急宝塚南口駅より徒歩5分ほどの ...

2018年1月27日(土)、28日(日)は、清荒神清澄寺で「初三宝荒神大祭」が執り行われます。(画像はすべて清荒神参道商店会facebookページより)清荒神清澄寺は、火の神・かまど(台所)の神である「荒神さん」として関西で広く親しまれています。毎月27日、28日は、「月並三 ...

手塚治虫記念館の近くにある「カフェダルブッカ」へ行ってきました。阪急宝塚南口より約5分くらい、宝塚大橋を渡ってすぐにある。(画像はダルブッカHPより)路地を入ってすぐ、看板発見。1階が駐車場で、ブルーの階段を上がったところがお店。お店の中は、こんな感じ。自然 ...

JR中山寺駅の南側ローターリーから徒歩3分。カフェ激戦区の中筋エリア。直近では、むさしの森珈琲、サニーサイドカフェ、スターバックス珈琲など、カフェのオープンが続いて来た中で、あえて「珈琲屋らんぷ宝塚店」に入る事にして、なにか良さげなものはないかと探ってみた ...

夕食を食べるタイミングが21時を過ぎてしまい、行き着いたお店はどこも準備中になってしまっていた経験はないだろうか。つい最近、その状態に陥り、思い出したのが「かつや」のテイクアウト。その日の、自宅飯の様子を少しレポートする。今回選択したいろいろ5品、合計558円 ...

昨年2017年12月1日、小林にオープンした天然酵母パンのお店「HEIDI BROT(ハイジブロート)」さんへ行ってきました。国産小麦、オーガニック素材と天然酵母を使用し、バターや卵、牛乳などの動物性食材を使用せず、素材の味を楽しめるこだわりのパン屋さん。阪急小林駅から ...

2018年1月18(木)〜20日(土)に開催されていたい宝塚第一小学校の図工展がすばらしかった。「夢いっぱいこころいっぱい」6年生「わたしのお店」5年生「空き缶の花を咲かせよう」なかには、タイトル「アルミ缶の上にあるみかん」という作品も。4年生「想像の世界へ」3年生「 ...

昨年末から工事中の宝塚南口駅前 ”ザ・宝塚タワー1階”「魚どん 然ZEN」が、来週1月22日(月)11時にいよいよオープン。改装工事も着々と進んでいるようです。テーブル席とカウンター席があるようです。魚貝類はすべて「国産」にこだわられたのお店のようです。「大自然の ...

おいしい!と評判の宝塚市の学校給食を体験できる「宝塚市学校給食展(入場無料)」が開催されます。給食試食(先着300人分、10時~整理券配布)では、自校炊飯のごはんや手作りルゥのビーフカレー(小学校・中学校の味比べ)などが味わえるようです。他にもスタンプラリー、 ...

2018年を迎え、厄年を意識されている方もいらっしゃるのではないでしょうか(気になる方はブログ最後の「早見表」を参照ください。)。厄年かどうかに関わらず、1年無事に過ごせるよう祈願する「厄除け」は身近な行事です。「厄除け」で有名な宝塚の隣の西宮市「門戸厄神東光 ...

↑このページのトップヘ