今年8月21日、2年間開催されていない宝塚観光花火大会(平成29年度 宝塚観光花火大会 中止について)の復活を願い、「宝塚23万人の線香花火大会」「宝塚23万人の線香花火大会」が開催されることが5/24(木)宝塚23万人の花火大会実行委員会より発表された。
F36AD2B8-20D9-41F6-A4C0-7C074EEB6452
~5月24日(木)記者発表の様子~

テーマは「鎮魂」と「希望」、そして宝塚花火大会の復活を望む。
宝塚市民23万人の1%にあたる参加者2,300名で、場所はもちろん武庫川河川敷 宝塚大劇場前。
~~~ 日本一なが~い線香花火(手持ち花火)でギネス世界一TMに挑戦!!~~~
20180523t-hanabi-1
今年の花火大会復活は叶わずとも、これはとても注目したいイベントですね。

テーマの一つにある「希望」はまさに宝塚花火大会の復活への希望。
そして「鎮魂」は毎年一月に行われる「生」石積みのライトアップ、東日本大震災が発生した2011年から始まった灯篭流しをこれまた違った光になるであろう夏の空気のなかでのライトアップ。(このライトアップもボランティアスタッフによるもの)

そして今回のイベントでは参加申込と資金の調達にクラウドファンディングを使うことも興味深い。

FullSizeRender

参加申込方法は以下の2パター ン
 
 ①クラウドファンディングによる申込み(先行申込)
 申込開始日時:5/25 0時~、申込専用サイト「Makuake」(外部リンク)
 ②FAXによる申込み(一般申込)
 申込開始日:6/4~

FAX用の申込用紙は、新聞折込みで配布した後、宝塚商工会議所や池田泉州銀行にて入手できる。
市外での入手は宝塚商工会議所内「宝塚23万人の花火大会実行委員会」宛に問い合わせすると郵送で送ってくれる。(TEL:0797-83-2211)
参加者は先着2,300名で締め切りのため、必ず参加したい方はクラウドファンディングによる先行申込がおすすめ。
また、宝塚を離れている方もクラウドファンディングによる申込みなら、イベント当日は参加できないが支援というカタチで関わることもできる。
目標金額は300万円、花火の購入やギネス登録等にむけて調達を図り、資金の余剰分については宝塚市国際観光協会へ花火大会再開の資金の一部として納めることを考えているとのこと。

大会の実行委員会は2014年に開催された「1万人のラインダンス」実行委員会を母体にした市民がほとんどの15名。
市民の力を集め、参加のかたちは当日参加はもちろん、他に遠方の方などクラウドファンディングでの参加も良し、他にもこのイベントをより多くの人に伝えていくことも、このイベントに参加することになるのではないか。
市民を中心とした一人一人の小さな関わりが、積み重なることでとても大きな力になれるのではないかと思う。
 

いずれにしても今回の線香花火大会に期待する人は多いのではと、発表された内容について市民の声を少しだが集めてみた。

  男性 会社員
 「手持ち花火が綺麗でしょうね。ドローン使って撮影してみたい」
 「市民のちからに合わせて行政にも頑張ってもらいたい」
  男性 市内飲食業
 「このイベントが花火大会の復活につながってくれたら飲食関係者としてはホントに嬉しいな」
  女性 市内在住主婦
 「線香花火だけど宝塚をアピールできれば嬉しいです。このイベントを早く広く広報してみんなで盛り上がりたいな」
 など 
 
大会実行委員長は元宝塚歌劇団で宝塚市大使の榛名 由梨さん(榛名由梨オフィシャルサイト
「日本全国にいろんな街があるが、宝塚歌劇団のある街として世界的にも名の知れている街なのにどこかいま一つ盛り上がりにかけている感じを持っていた。宝塚歌劇団時代にお世話になった”宝塚”に恩返しをしたいとの思いから、このイベントの実行委員長を引き受けた」と語る。
宝塚花火大会の想い出を聞いてみたところ「新人公演の稽古中に開催されていた花火大会、稽古中に捻挫してしまい自宅に帰るため宝塚大橋を渡ろうとした時のあまりの人の多さに中々橋を渡れなかったこと」、それだけ毎年賑やかで多くの人が訪れる花火大会だったんでしょうね。
 

開催中、他にも関連イベントとして榛名由梨さん(元宝塚歌劇団)、西本真嗣さん(ビバ!宝塚)、南理沙さん(クロマチックハーモニカ)、陽介さん(和太鼓)のミニコンサート。
concert2
~宝塚23万人の花火大会 硬式HPより~


~ビバ!宝塚 歌:西本真詞~

カヌー体験会。そして毎年6月に開催される「宝塚バル」実行員会の協力により「花火バル」も開催される。
クラウドファンディングにて申込んだ参加者には市内の129店舗で利用できる「花火バルお食事券(1,000円)」がもらえる他、参加者に手渡されるリストバンド(参加証)を参加店舗で見せれば各種サービスが用意されているとのこと。
他にも、5/25(金)18:30~18:47には、J:COMチャンネル(地上デジタル11ch)では番組が予定されている。※再放送:①21:30~21:47、②23:00~23:17
 

合言葉は「ギネス世界記録TMに挑戦して宝塚花火大会を復活させよう!」
市民による線香花火大会、花火大会復活に向けてぜひ成功させたいものですね。

宝塚23万人の花火大会 公式HP:https://t-hanabi.com/

-----
「生」石積み関連記事:
 2018年 1月17日掲載 8代目「生」の祈り 2018年1月16日
 2018年 1月14日掲載 1/16命・防災の大切さを伝えたい「宝塚『生』の祈り2018~阪神・淡路大震災追悼ライトアップ~」参加費無料
 2017年12月10日掲載 【12/9,10】宝塚から全国へ!「生」8代目石積イベント
 2017年11月28日掲載 【募集中】12/9(土)10(日)8代目「生」石積みスタッフ
 2017年 7月31日掲載 武庫川「生」のオブジェ再生

他、関連情報:
 宝塚バル 公式HP http://takarazuka-bar.o.oo7.jp/
 開催時期:
  6/ 2(土):逆瀬川、小林、仁川
  6/ 9(日):売布、中山、山本
  6/16(土):宝塚、宝塚南口

-宝塚23万人の花火大会 開催場所付近-